4月27日(土)のSDGsみらい塾、第一テーマは生活に密着した目標12。
大盛況で広い会場は熱気にあふれました。当会理事長小島政行講師のもと、

  • なぜ今SDGsを学ばなくてはならないのか?
  • 持続不可能になったのは何が原因か?
  • なぜ人々は大量生産、大量消費に向かうのか?

などをあらためて考えました。身の回りにあるコンビニ弁当、ダメージジーンズ、チョコレートケーキ、スマフォなどと環境汚染の関係に気づき、グループで壁新聞をつくり発表。根本にある人間の欲、弱さ、世界の分断などについても考えを及ばせ、「知って!考えて!動いて!考えよう!」との呼びかけに終わりました。とても有意義は時間でした。